活動報告

岩手県庁での寄付金とマイクロバスの贈呈式 9月16日活動報告

ウルトラマン基金では、去る2011年9月16日(金)に、ウルトラマンをはじめ、本基金の主旨にご賛同いただいたAKB48のメンバーと共に岩手県庁を訪問し、寄付金とマイクロバス2台を贈呈いたしました。

県庁前広場で開催された贈呈式では、(株)円谷プロダクション 大岡新一社長が「子供たちの笑顔は希望の光。ウルトラマンはこれからも子供たちを見守り続けます」と述べ、皆様からご協力いただきました基金の一部から寄付金2,000万円を「いわての学び希望基金」へ贈呈いたしました。岩手県の達増県知事からは「被災した子供たちのために役立てたい」と感謝の意とともに復興への強い決意が語られました。

マイクロバスにつきましては、ウルトラマンのデザインが施されたバスを、大槌地区で路線バスを運行する第三セクター大槌地域振興株式会社へ、AKB48のロゴデザインが施されたバスを宮古市へそれぞれ寄贈いたしました。
活動にご賛同いただいたAKB48からは梅田彩佳さん、佐藤すみれさん、島田晴香さん3名が出席し、梅田さんから「このバスに乗って子供たちに笑顔で登校してほしい。私たちが近くにいるように感じてもらえたら嬉しいです」とメッセージが伝えられました。

式の後半は、達増県知事、松橋雅平様(大槌地域振興株式会社社長)、多田康様(宮古市総務企画部 財政課)、AKB48の梅田彩佳さん、佐藤すみれさん、島田晴香さん、ウルトラマン、大岡社長が登壇し、全員で復興を祈願したテープカットが行われました。最後は、集まってくれた地元幼稚園児らが壇上に上がり、ウルトラマンやAKB48と握手をして、多くの子供たちの笑顔で贈呈式を終えることができました。

ウルトラマンとAKB48のメンバー3名はその後、同県庁内の復興局を訪問し、局の皆様方とも熱い握手を交わしながら心からのエールを送りました。

今後もウルトラマン基金では、被災地の皆様のお言葉を糧とし、基金の寄付のみならず、被災者の皆様へ物心両面からの支援を、粘り強く継続的に実施してまいります。

最後に、今回のウルトラマン基金の支援活動にご賛同して頂きました株式会社AKS様、岩手県庁の皆様、岩手トヨタ様、富士バス販売様、富士バスボデー様、ALSOK岩手株式会社様ほか、多くの関係者の皆様に改めて深く御礼申し上げます。

活動模様動画

【ウルトラマン基金】2011.09.16~17 第5回被災地支援訪問 in 岩手

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ネット募金

関連商品

円谷プロダクション

オフィシャルバナー


その他のサイズはこちら

「ウルトラマン基金」QRコード
http://m-78.jp/kikin/
「ウルトラマン基金」モバイルサイトへのアクセスはこちら