活動報告

福島県「東日本大震災ふくしま子ども寄附金」への寄付金贈呈式 3月12日活動報告

ウルトラマン基金は、去る2013年3月12日(火)に佐藤福島県知事を訪問し、同県の子どもたちを支援するために、皆様からご協力いただいた寄付金と、基金に積み立ててきたグッズ販売の売上金の一部等から、寄付金2,500万円を「東日本大震災ふくしま子ども寄附金」に贈呈いたしました。贈呈式にはウルトラマンゼロとその仲間のミラーナイトが登場し、福島の子ども達へのエールを贈りました。

ウルトラマン基金は平成23年7月にも県に2,000万円を寄付しており、今回で2度目となります。同行した円谷プロダクション大岡社長は「永続的に子ども達を物心両面で支援していきたい」と話しました。

ウルトラマン基金は、多くの企業様や一般の皆様からのご賛同をいただき、被災地の子どもたちに対し継続的な支援活動を行っております。今回の活動は、東日本大震災発災から2年経過してもなお、子どもたちに対する支援が必要であることから実施にいたりました。

佐藤県知事訪問後、ウルトラマンとウルトラマンゼロは福島県警察本部を訪れ、間もなく1年の任期を終える「ウルトラ警察隊」の皆様を激励しました。

「ウルトラ警察隊」は震災と原発事故を受けて全国から福島県警察本部に出向し、警戒区域のパトロールなどに当たっている警察官の皆様のことです。「ウルトラ警察隊」のシンボルマークは、円谷プロダクション創設者の故円谷英二氏が須賀川市出身であるのを縁にウルトラマンのシルエットを採用しています。

ウルトラマンとウルトラマンゼロは隊員ひとりひとりと力強く握手を交わし、本県の治安を支える警察官にエールを送りました。大岡社長からは「皆さんの仕事は本当の意味でヒーロー。今後も頑張って下さい」との激励が送られました。

子どもたちに心からの笑顔が戻りますように、被災地の一日も早い復興を祈っております。

Yahoo!ネット募金

関連商品

円谷プロダクション

オフィシャルバナー


その他のサイズはこちら

「ウルトラマン基金」QRコード
http://m-78.jp/kikin/
「ウルトラマン基金」モバイルサイトへのアクセスはこちら